読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲバラくんのトレード日記

損切り不要の株式トレードです。サラリーマンの副業に年金の補充に一緒にやりませんか?

OPECのシェールオイル潰しが原因のガソリン価格低下は今後も続くか?

政治 経済 生活

最近ガソリンを給油したら安くなっているのに驚いた。

 

 

なんと、レギュラーリッター税込み105円なのだ。

 

 

つい数年前には180円以上だった気がするから、40%以上の下落になる。 どうしてこんなに下がったのかを考えてみた。

 

 

株式トレーダーならば、需要供給が、需要減あるいは供給過剰になっているからだと答えるだろう。

 

 

f:id:guevara3d:20151230075848j:plain
重油先物価格の推移

 

 

 

・需要減について考察するならば、景気の後退省燃費化暖冬などが影響を与えたに違いない。

この点については自然の過程であり、なかなか政策的に変えることは出来ないだろう。

 

・供給過剰について考察するならば、OPEC減産しなかったことによる。  

 

 

28日のNY原油先物は供給過剰懸念の再燃を受け、3週ぶり高値から下落、約3.8%安の36.67ドル/バレルで引けた。

 

アナリストの分析によると、シェール革命によって米国の原油生産が増えているためにOPECと米国との安値我慢比べ」状態に入っていることが一番の原因だとのこと。

 

 

つまり、シェールオイルの米国メーカーの生産コスト採算割れの状態にするべく安値を継続しているのだ。

 

 

まさに、貪欲な産油国のエゴイズムによって引き起こされた下落だといえる。

 

しかし、太陽光発電再生可能エネルギーの研究によって、時代とともにいずれは供給過剰ではなく、需要減を招くのは必至で、いつまでもOPECに世界経済を牛耳らせるわけにはいかない。

 

いずれにせよ、価格を気にせずに給油出来るのは嬉しいことだ。

 

 

    

 

 

さて本日日経平均株価続伸した。

 

 

年末ということもあって商いも少なく、海外投資家200万株売り越しだった。

 

TYO201(+3)、蛇の目797(+2終値で引け、決済は見送った。

 

 

直近のトレード結果詳細は下記のとおりです。m(_ _)m
http://guevara3d.xsrv.jp/  

 

 


低位株・ボロ株 ブログランキングへ←ポチをしてね。  

 

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)

 f:id:guevara3d:20150623094133p:plain

 「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」