読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲバラくんのトレード日記

損切り不要の株式トレードです。サラリーマンの副業に年金の補充に一緒にやりませんか?

分散投資ってなんだ?

 

リスクを減らす方法のひとつに分散投資というものがある。 相場の格言に「卵は一つの籠に盛るな」っていうのがある。

 

卵を一つのカゴに盛って運んでいると万一落とした時に全部の卵が割れてしまうのでいくつかのカゴに分けて運んだほうが全部がダメになることを避けられる。

 

f:id:guevara3d:20150624073628j:plain

 

前にも話したことがあるんだけどたとえば10の業種の違う銘柄の株を1、000株ずつ合計10、000株に分散して保有するのだ。

 

あるいは業種というよりは輸入関連銘柄と輸出関連銘柄そして内需関連の銘柄を合計10種類に同様に分散して保有するのだ。

 

相反する特徴をもつ2種類以上に分散して投資しておけば片方が上がった時には片方が下がり又一方が下がった時には一方は上がる可能性が大きいので中和されて平均化するってことになる。

 

最近のような上昇相場ではどっちにしても心配ないんだけどもし急落した場合には損害を最小限度に食い止められる優れた手法ってことになる。

 

しかしこの手法の難点として銘柄をどうやって選定すればいいのかっていう大変な問題を出発点に抱えている。

 

もっとも証券会社のアナリストや株式投資の評論家などはこれで飯を食って行くわけだからいくぶんかの存在理由にはなるのだ。

 

どうも性格的にいろいろ悩むのが嫌いなので一種類の銘柄を固定して投資の対象とすれば長い間には上がったり下がったりの波と天底天井が何となくわかってくるようになる。

 

同一銘柄建玉建玉を同時に保有しておけば上がった時は建玉を決済して利益を得て逆に下がった時は建玉決済して利益を得るって両得の方法なのだ。

 

いわば文字通りの後出しジャンケンだ。

 

だから利益になるまでは決済をしないで含み損益での所有を続けるので大抵は含み損銘柄を抱えているから知らない人は心配するんだけど現実の通算損益では必ず利益になるので大丈夫なんです。

 

上がるのと下がるのと両方に分散して投資しているからこれも分散投資になるのかな。

 

 

 

 

 

さて今日は日経平均はだいぶ値を上げたようだけど我がTYO205(±0)、蛇の目134(+1)の終値で決済は見送った。

 

 


低位株・ボロ株 ブログランキングへ←ポチをしてね。

 

 

本日のトレード結果詳細は下記のとおりです。m(_ _)m https://monaka3d.wordpress.com/

 

 

あしたはきっといい日になるよ!!(^-^)

 

f:id:guevara3d:20150623094133p:plain

 

「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」