読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲバラくんのトレード日記

損切り不要の株式トレードです。サラリーマンの副業に年金の補充に一緒にやりませんか?

日本も追随か?マイクロソフトが米で大麻事業 合法取引支援へ。

米国でマイクロソフトが大麻の合法的な取引を支援する事業に乗り出した。 【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は米ITベンチャー、カインド・ファイナンシャルと共同で、嗜好用や医療用の大麻の合法的な取引を支援する事業に乗り出す。ベンチャー…

大丈夫ですよ。ジカ熱は蚊に刺される程度ですから。

2月5日からブラジルで南米最大の真夏(北半球のこっちは冬だけど)の祭典、リオのカーニバルが始まった。 9日までの期間中に全世界から百万人規模の観光客を見込んでいる。 あと半年後に迫ったオリンピックを控えて、今一番心配のタネがジカ熱だ。 心配無用…

寿命を劇的に延ばすアンチエイジング薬が来年には実現する。

「老化は病気であり、治療することができる」と米国のバイオテクノロジー企業、シエラサイエンス創業者でCEOのビル·アンドリュース博士(64)が語っている。 「開発中の老化治療剤が来年遅くにも試験生産に入るだろう」と付け加える発言もしている。 生物は…

一般財団法人化学及血清療法研究所という正式名称の通称「化血研」は今後も存続し得るのか?

一般財団法人・化学及血清療法研究所(化血研)が血液製剤などを不正な方法で製造していた問題で、厚生労働省は3日午後、医薬品医療機器法に基づき、熊本市にある化血研の本所に立ち入り検査に入った。 2015年12月03日 16時16分 Copyright The Yomiuri Shim…

ロシアのドーピングでスポーツ界が冷戦時代に突入した。

ロシアが国家的なドーピング疑惑に沸いている。 世界反ドーピング機関(WADA)の独立委員会が9日、ロシアが国ぐるみでドーピングを行っていたとする調査報告書の全容を明らかにした。 独立委は、国際陸上競技連盟(IAAF)がロシア陸連を資格停止処…

スクリプス研究所が「ガン細胞」を抗体で「ナチュラルキラー細胞」に変化させる新治療法を発見。

衝撃的なニュースが入ってきた。 なんとがん細胞を抗体でNK細胞(ナチュラルキラー細胞)に変化させ元のがん細胞を破壊するという大発見だ。 米国カリフォルニア州スクリプス研究所 米カリフォルニア州にあるスクリプス研究所のチームが新しいがん治療の方法…

WHO世界保健機関がハムやソーセージなどの加工肉を発がん性物質に指定して日経平均が反落に影響。

本日の日経平均株価は反落して引けた。 アナリストによると、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)が、ハムやソーセージなどの加工肉を「人に対し発がん性がある」物質に指定したことによる影響とみられる。 加工肉の摂取量が多…